読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのバカはブログへ還る、風の俗~壱の巻

あ、どうもどうも

1年半放置していたブログです

m-hiroです、こんばんわ。

 

みなさん、お変わりないでしょうか?

僕も1年半、何も変わっておりません

「いや、変われよ!!お前、もうそろそろ30代後半戦に突入すんぞ!!」

って話なのですが

何分、僕自体が「ヤル気無し」「元気無し」「成長意欲無し」

井脇ノブ子と真逆のポリシーなもんで

まぁ、何とかせんといかんなぁーという訳ですが

 

さて、なんでブログを復活させようかと思ったのか?って話でございますが。

この前、mixiが「お前らの地獄の窯の蓋を開けちゃるぞ」キャンペーンを始めたらしく、ネット界隈が騒然となっていまして。

 

お前らー、そんな言うてもな?自分の書いた日記やぞ?

そんな恥ずかしいわけあらへんやろー?と確認したところ

 

めっちゃ恥ずかしい。

 

とはいえどもですね・・・

「我の過去を知りうるものを消し去り、そして私は無に還ろう!」

というネオエクスデス精神では、最近の情報化社会は生きていけないわけですよ。

ならばもう、黒の歴史を白く塗り潰さねばなるまいと

久しぶりにこうして、筆ならぬキーボードを取ったわけですが・・・

 

復活の1発目は風俗のお話でございます。

 

えぇ・・・オタクも平気で風俗に行く、この時代

風俗の体験記など、星のほどあります

復帰1発目が風俗の話など、愚の骨頂!!!

特級面点師ばかり居るTwitter界に、点心で喧嘩を売りに行く

特級厨師も裸足で逃げる凶行ですよ。

 

それでもまぁ、最初の肩慣らしには良いお題では無いかと?

かつての偉人も言いましたよ!!

「まずは風俗話から始めよ」と!!

それだけ手軽かつ奥深い話なんですよ。

 

まぁそんなわけで、現代ストレス社会非モテ男のオアシス、お風俗のお話です。

 

まず最初に言っておきますが

僕は風俗が苦手です、昨日、再認識しました。

 

日頃、仕事場と家の往復生活を続けていると

思い立ったように「そうだ、風俗に行こう」と

突然、京都旅行を思いついたバブル時代のOLみたいな発想になるのですが。

いざ行こうとなると、行けないんだわ

いや、イケないってそういう意味じゃなくてですね?

 

そもそも「私はコミュ障でござーい」と名札を下げて生きている僕ですので

見知らぬ女性からサービスを受ける風俗なんか

魑魅魍魎阿鼻叫喚のび太の大魔境ですよ!スモーカーズフォレストですよ!

 

性のサービスなんざ、コミュニケーションの最上位じゃん?!

普通の会話すらできないのに、下半身のお口で会話なんて無理じゃん?!!

エロゲーも最後にエロシーンだろ?!

おら!!そこ!!退魔忍の話はしない!!そこの壁にケツはめて立っとれ!!

 

まぁそんなふうに、童貞でもないのにコジれ童貞みたいな思考をしておりますのですよ。

 

でも時々、男性機能を使っていないと

「あれ?俺、いざという時大丈夫?」という思考になり

健康診断に行く感覚で行きたくなるんですよね

 

まぁそれがたまたま昨日だったわけです。

 

先週末からライブに行っていたので、休みを取っていたのですが

疲れを取りに、いつも行くスーパー銭湯がやっていなかったもんで

「あー、つまんねぇな・・・」と飯を食いに繁華街に出たのです。

 

飯食う前に喫煙所でタバコを燻らせながら

ボーっと川の方を見ていると、以前に入ったことがある風俗店が

 

まぁ、この風俗店には因縁がありまして

京都に来た友人達と「風俗に行こうツアー」なるものをした際

僕が大敗を喫した場所でして・・・

「触られど、触られど、我が愚息立たず、そっと手を見る」

と辞世の句を読んだ事でも有名です。

嬢にも「私が悪いみたいやないですか!」って怒られるし、久しぶりに死にたくなった案件。

 

しかし、昨日の僕は何を思ったか

「平日だな・・・待ち時間無しで入れるんかな?」と

気付けばエレベータに乗っていました。

 

まぁ店内を覗いて、スッと消えるくらいの気持ちのチキンハートだったのですが

エレベータ空いた瞬間にボーイさんが待ち構えていて

入店・即・待合室!!客ゼロ式!!斎藤一もビックリ!!

 

そこまで来たら、さすがに「いや、やめときます」とも言えず

そのまま入店する流れとなったわけです。

 

長くなったので、次回に続く。